スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分け補佐役、民主1年生議員から公募(読売新聞)

 民主党は30日、政府の行政刷新会議が4月下旬から始める事業仕分け第2弾に関し、予備調査などを行う「仕分け調査員」の公募を始めた。

 党所属の当選1回の衆参国会議員が対象で、希望者は全員採用する方針。

 調査員は、仕分け対象となる独立行政法人や公益法人へのヒアリングや実地調査などを約10日間行い、仕分け人を補佐する。

 1年生議員をめぐっては、昨年の事業仕分けで「仕分け人」とすることに党側が反発し、見送られた。

 今回は鳩山首相が「民主党らしさ」を求めて「総動員での協力」を小沢幹事長に要請。小沢氏も応じることにした。

医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ-「2年で制度化への道筋を」(時事通信)
再議否決なら原案賛成も=築地移転予算修正で-都議会民主(時事通信)
<嵐電>みやびな「京紫」色の車両公開 100周年でお色直し(毎日新聞)
雲仙火砕流 焼けたカメラ、記念館で公開(毎日新聞)
東九州道工事 橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
スポンサーサイト

多摩ニュータウン23棟、一括で建て替えへ(読売新聞)

 東京・多摩ニュータウンで最も早い1971年に分譲された多摩市の団地「諏訪2丁目住宅」(640戸)の管理組合は28日、老朽化した5階建て23棟を一括で建て替えて11~14階建ての7棟に集約し、総戸数を約1200戸に増やす方針を決めた。

 国土交通省によると、分譲集合住宅の一括建て替えとしては、国内で最大規模という。

 実施計画によると、2011年7月に着工し、13年11月に完成予定。増えた分の住戸を売却し、事業費に充てることで住民の負担軽減を図る。建て替え前と床面積が同じ場合は、負担金はないという。

 同管理組合は28日、臨時総会を開催。組合員の約9割が、区分所有法に基づく建て替え決議に賛成した。

 管理組合の加藤輝雄理事長(62)は、「ようやく建て替え実現の大きな折り返し点に至った。組合員が自分自身の問題として、議論を重ね、決断したからだ」と話した。

スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
首相動静(3月22日)(時事通信)
マンション侵入、現金強奪 強盗致傷容疑で男逮捕(産経新聞)
足利事件の影響 裁判所の証拠検討より慎重に(産経新聞)

「最後まで雪を楽しんで」=佐賀〔地域〕(時事通信)

 気温の高い日が続きほとんど雪が無くなった九州で、佐賀市富士町の天山スキー場は「最後の最後まで雪を楽しんでもらいたい」と営業を続けている。
 残り少ない雪に人工造雪機で雪を降らせる作業を繰り返し、スキー場のコースは幅5~10メートル程度ながら約600メートルの滑走が可能。スキーやスノーボードを楽しむ地元や隣県の若者、家族連れが名残惜しそうに雪上を滑っている。九州では人工芝のスキー場を除き、他のスキー場は既に営業を終了。天山スキー場を運営する天山リゾートでは3月の最終日曜となる28日まで営業を続ける。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕日本最南端のスキー場=宮崎県五ケ瀬町

<ひき逃げ容疑>100メートル引きずり、はねる 女逮捕(毎日新聞)
<郵便事業会社>郵便の不正転送防げ 「AKB48」被害受け、確認書送りチェック(毎日新聞)
<訃報>徳田尚久さん76歳=元五洋建設専務(毎日新聞)
患者・医療関係者らが理想とする「がん医療」を考える(医療介護CBニュース)
都監察医務院、遺体を取り違え解剖(産経新聞)

糖尿病治療+観光ツアー、徳島県が世界にPR(読売新聞)

 徳島県が、糖尿病治療と観光を兼ねたツアー「メディカルツーリズム」を誘致するため、第1陣として中国からモニター27人を招いたツアーが始まった。

 参加者は21日、徳島大学病院で検診を体験するなどした。県は「『糖尿病治療と言えば徳島』と世界にPRしていきたい」と張り切っている。

 中国、インドなど食生活が変化しつつあるアジア諸国では糖尿病患者が急増。県は、糖尿病による死亡率が都道府県でワースト1位が続き、徳島大を中心に治療、研究が進められていることから、糖尿病の検査・治療と観光をセットで提供すれば、それらの外国からたくさんの客を招く観光活性化策になると考えた。

 今回のモニターツアーには、中国の一般参加者のほか、旅行会社やメディア関係者が参加。一行は20日に来日して鳴門市の渦潮や大塚国際美術館などを見学し、21日はうち10人が検診を受けた。22日は三好市のかずら橋などを観光し、23日に帰国する。

 検診で、参加者らは血圧や体重を測り、血管内皮機能検査(FMD)、内臓脂肪CT(コンピューター断層撮影法)などの糖尿病検査を受け、通訳の説明を熱心に聞いた。

 昼食は「メタボリックヘルスランチ」として、サケの香草焼き、県名産のそば米汁など、計661キロカロリーに抑えた食事を味わった。昼食後、医師が検査結果を説明した。

 参加した教師の朱欽樵さん(65)は「中国でも健康への関心が高まっている。旅行しながら治療できるのは人気が出るのでは」と好印象。朱月香さん(62)は「設備が素晴らしく、医師、看護師ら病院のスタッフはとても親切だった」と満足そうだった。

<アカウミガメ>世界最高齢のカメ「浜太郎」と命名 徳島・美波町(毎日新聞)
覚せい剤使用容疑で大阪市職員逮捕=「1年前ぐらいからやった」-府警(時事通信)
拉致支援法案が衆院通過(時事通信)
自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害-大阪地検(時事通信)
26万人に影響、60本が運休 122本に遅れ 架線トラブル(産経新聞)

丸川珠代参院議員が国会でサイヤ人に変身(スポーツ報知)

 自民党の丸川珠代参院議員(39)が17日、参院本会議で初の質問に立った。珠代氏は夫の大塚拓前衆院議員(36)、兵庫県から緊急上京した実母が傍聴する前で、各大臣に激しく迫った。

 この日は子供手当法案について趣旨説明と質疑が行われ、審議入り。珠代氏は、「許されざる数の横暴で衆議院の成立をみた」と指摘。民主党のマニフェストの工程表も「絵に描いた餅」と皮肉った。珠代氏は8日の参院予算委員会でも各大臣に牙をむき、山本一太氏(52)がブログに「丸川さんて、サイヤ人(漫画・ドラゴンボールに登場する戦闘民族)だったんだな」と記すなど、話題になっていた。

 大塚氏は「子育て支援全般に関し、ずっと勉強していた」と拍手。珠代氏は「自分の声が大きすぎて、ヤジも聞こえなかった」と“スーパーサイヤ人”になっていた。


 【関連記事】
進次郎氏保育園視察「子供欲しくなった」
珠代氏猛攻質問!菅氏らバッサリ
丸川珠代 参院議員 大塚拓 を調べる

<大阪市営地下鉄>ポイント替えず通過 脱線、衝突の恐れ(毎日新聞)
司法判断で適切対応=シー・シェパード問題で-平野官房長官(時事通信)
第1回アテネ五輪の優勝メダル、博物館から盗難(読売新聞)
子ども手当法案 参院で審議入り 国内居住要件は今後検討(毎日新聞)
<訃報>永瀬允理さん75歳=元TOTO専務(毎日新聞)

首相動静(3月14日)(時事通信)

 午前10時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

<クロマグロ>「半減」の危機 完全養殖が日本の食卓救う?(毎日新聞)
JR運転一時見合わせ、常磐道2時間通行止め 福島・震度5弱(河北新報)
<生物多様性条約>目標案公表 20の個別目標を掲げる(毎日新聞)
プリウス工場の車内に硫化水素、作業員自殺か(読売新聞)
日弁連次期事務総長に海渡氏…社民党首の夫(読売新聞)

<iPS細胞>「腸」作成…「立体」は世界初…奈良県立医大(毎日新聞)

 さまざまな細胞に分化できる人工多能性幹細胞(iPS細胞)から腸を作り出すことに、奈良県立医大(奈良県橿原市)の中島祥介(よしゆき)教授(消化器外科)らの研究グループがマウスを使った実験で成功した。これまでは平面的なシート状のものしかなかったが、管状の立体的な腸を作ったのは世界初という。患者本人の細胞から臓器を再生させ、拒絶反応なく体内に移植する再生医療や移植医療への応用が期待される。

 中島教授によると、マウスのiPS細胞をシャーレのふたの裏側に付着させ、重力に逆らって6日間培養。シャーレに移して培養を続けると、約7日後に管の形をした組織に変わり始め、2週間後には粘膜や筋肉の層などを備えた腸と同じ管状の組織に変化した。

 この組織は直径約2ミリ、長さ約5ミリ。腸に特有の「ぜん動運動」をしており、便のような老廃物を押し出そうとする動きも観察できた。小腸と大腸のどちらに当たるかは判別できないという。

 iPS細胞を巡っては、理化学研究所が大脳の立体構造を作ることには成功しているが、他の臓器は細胞シートまで。管状の臓器を作り出した例は世界的になかったという。

 中島教授は「今後は人への応用が課題。この技術を使って、腸が病気になるメカニズムを解明する研究にもつなげられる。小腸の移植は拒絶反応が激しく、合併症のない手術ができるようになるかもしれない」と話している。

 今月18、19日に広島市内で開かれる日本再生医療学会で発表する。【高瀬浩平】

【関連ニュース】
病気腎移植:臨床研究2例目の手術開始 宇和島徳洲会病院
臓器提供施設:小児専門の28施設を追加へ 厚労省研究班
iPS細胞:遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功
iPS細胞:難病患者の皮膚から作成 テロメアを修復
心臓移植:改正法間に合わず米で手術 寄付呼びかけ

泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因
対馬市議会 「外国人参政権付与」に反対の意見書採択を可決 (産経新聞)
天皇陛下 東ティモール大統領と会見(毎日新聞)
<証券等監視委>IT関連会社に虚偽記載の疑いで課徴金勧告(毎日新聞)
「陸山会」土地問題まだまだ突っ込みどころ満載(産経新聞)

楽天が東京高裁へ即時抗告 TBS株買い取り問題で(産経新聞)

 楽天は12日、TBSホールディングスに対する楽天保有株の買い取り請求で東京地裁に価格の判断を求めていた問題で、同日付で東京高裁に即時抗告を行った、と発表した。同地裁が今月5日に1株当たり1294円と決定していた。

 楽天はTBS株について、1800円程度の買い取り価格を求めているとみられ、東京地裁の決定に不服を申し立てた形になる。

【関連記事】
TBS株買い取り価格は1株1294円 東京地裁
TBSが株買い取りへ、楽天に代金仮払い
TBSが楽天に400億円を先行支払い 株買い取りで
「株主提案」4割減 金融危機で現実路線に転じる
楽天、TBS株売却めぐり調停申請
20年後、日本はありますか?

北海道根室市で震度3(時事通信)
新幹線「脱線防止ガード」を公開=大地震に備え140キロ整備-JR東海(時事通信)
「密約」参考人質疑での守秘義務解除を検討(読売新聞)
皇太子さま、アフリカへ出発(時事通信)
シー・シェパードの元船長逮捕へ、監視船侵入で(読売新聞)

【風】高速無料化 方法論に是非(産経新聞)

 高速道路の無料化に関し、読者の方々からたくさんのご意見をいただいている。明確に賛否を示したものだけを抽出しても、反対が賛成を大きく上回っており、受け止めは芳しくない。

 反対の根拠で目立つのは、受益者(高速道路利用者)の負担にすべきだ▽公共交通機関などの民業を圧迫する▽渋滞を引き起こす-といった意見だ。

 《マイカー所有者でも、大都市の住民は旅行でも行かない限り、恩恵を受けることができません。この一面をとっても、公平性の欠如は明白です》と、大阪府の会社員男性(42)。広島県の男性(62)も《高速道路を維持するには、莫大(ばくだい)な費用がかかります。やはり、使う人が負担するのが原則》と指摘する。

 民業圧迫に関しては、東海地方で路線バスの運転手をしているという匿名の男性からメールをいただいた。《赤字の一般路線を高速バスの黒字で埋めており、何とか運行維持に努めている》といい、《本数が少ない路線でも、お年寄りや学生さんが乗ってくれます。そこに無料化という追い打ちをかけられたら…》と不安視している。

 渋滞の悪化に関しても多くの指摘があったが、無料化賛成の方からは“反論”も寄せられた。

 ドライブが好きで、民主党が無料化を約束し、ハイブリッド車を買ったという千葉県の男性(70)は《無料化にすると道路がこむというのは正しくない。年配者や平日が休みの人は、ウイークデーに出掛けるので、土日は最近のようにこまない》と推測。

 和歌山市の男性(60)は《無期限でいつでも無料で、しかも料金所が撤廃になれば、スムーズに車は流れると考えます》。環境面についても《一般道は信号が多く、車は発車・停車を繰り返すため、排ガス量が多い。これらの車が一部高速道路に流入するでしょう。日本全体でみれば、かえってCO2は減るのかもしれない》とみている。

 無料化反対派の中にも「土日祝日千円乗り放題」のような割引制度の継続を望む声は多い。逆に賛成派では、限定的な実施に《がっかりした》という意見も目立った。不況が続く中、両者の違いは、総じて「無料化」という方法論の是非にあるようだ。(U)

【関連記事】
高速無料化で5億円減収 JR四国が試算
高速無料化 誤りの是正をはばかるな
「(高速)無料化より道路造って」 千葉県の森田知事
観光の影響は限定的 高速無料化で高知知事
“社会実験”高速無料化 本当に必要?
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

交通事故偽装、子ども4人にけが演技させる(読売新聞)
<日本兵情報>厚労相が全面公表へ 太平洋戦争戦死・不明者(毎日新聞)
<秋篠宮さま>タイ、ラオス私的訪問へ(毎日新聞)
耐震偽装物件新たに5件(産経新聞)
<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)

架空取引で佐川急便から詐取 計1億6千万円か(産経新聞)

 架空の梱包(こんぽう)業務を発注し、大手運送会社「佐川急便千代田店」(東京都江東区)から計約1100万円を詐取したとして、警視庁捜査2課は7日、詐欺の疑いで、元同店営業課係長、熊谷司容疑者(49)=横浜市南区=を逮捕した。同課によると、熊谷容疑者は容疑を認めている。同課は熊谷容疑者が同様の手口で計約1億6千万円を詐取した疑いがあると見ている。

 同課の調べによると、熊谷容疑者は架空の荷物梱包業務を下請け業者に発注する手口で、平成19年10月~20年10月の間、約80回にわたり、佐川急便から業者を介して自分が経営する物流会社の口座に振り込ませ、計約1100万円をだまし取った疑いが持たれている。

 熊谷容疑者は実在する顧客名で発注するなど正規の取引を装っていたが、取引先からの指摘で不正が発覚。佐川急便は昨年2月に熊谷容疑者を懲戒解雇し、同4月に刑事告訴していた。同課は詐取した金が物流会社の事業資金に使われたとみている。

【関連記事】
「オーシャンズ11」に憧れるも… 詐欺容疑の国会議員元秘書
元三菱商事社員を再逮捕 融資金名目で1億1千万詐取容疑
バルチック社に賠償命令 中国投資話で詐取認定
マンション修繕で1100万円詐取 容疑の弘道会傘下組長ら逮捕
鑑定会場受付役や運転手も書類送検 高島易断名乗る祈祷料詐欺
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

交通事故「症状固定後も保険金」損保提訴へ(読売新聞)
女性2人死亡、長男行方不明=殺人事件で捜査-宮崎県警(時事通信)
<枝野担当相>記者100人 フリーに開放会見(毎日新聞)
犬繁殖業者逮捕、予防接種せず大量飼育の疑い(読売新聞)
食事与えず5歳児死なす=容疑で両親逮捕-奈良県警(時事通信)

妻に暴行、死亡させる=傷害致死で夫逮捕-北海道警(時事通信)

 妻に暴行を加え死なせたとして、北海道警函館中央署は7日、傷害致死容疑で、函館市日吉町、無職前浜信夫容疑者(74)を逮捕した。容疑を認めているといい、同署は動機などを詳しく調べている。
 逮捕容疑は3日と5日の夜、自宅で妻の節子さん(75)の顔を殴ったり、腹部をけったりするなどの暴行を加え、死亡させた疑い。 

【関連ニュース】
女児虐待死容疑、継母を再逮捕=「揺さぶられっ子」症候群か
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児
5歳女児虐待、継母再逮捕へ=傷害致死容疑
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」
運転トラブルで暴行、死なせる=出頭の43歳男を逮捕

首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに(産経新聞)
<防水携帯電話>水害で無線機水没を受け購入(毎日新聞)
2ちゃんねるダウン 米企業がFBIと法的措置検討(産経新聞)
9割の医師が新薬の14日処方制限を問題視(医療介護CBニュース)
北教組不正資金提供 「本当に小林陣営だけなのか」(産経新聞)

オフミック点眼液の一部を自主回収―わかもと製薬(医療介護CBニュース)

 わかもと製薬は2月26日から、オフミック点眼液(一般名=トロピカミド・フェニレフリン)の一部ロットの回収を始めた。不溶性の異物が確認されたためで、対象は2月1-24日に出荷されたロット9Y49。現在、原因調査と安全性評価を実施中で、これまでに健康被害の報告はないという。同社では、「出荷数が224箱と少なく、回収作業は間もなく終了する」としている。

 オフミック点眼液は、診断および治療を目的とする散瞳と調節麻痺を効能・効果としている。


【関連記事】
14の重篤副作用疾患別対応マニュアルを公表へ―厚労省
PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏
未承認薬などの審査迅速化に9.6億円―来年度医薬食品局予算案
ボスミン液の一部製品を自主回収―第一三共
「テチプリン静注液40mg」の一部製品を自主回収―大洋薬品工業

<夕張市>財政再生案提出、17年間で赤字322億円解消(毎日新聞)
割引財源で高速道建設=使途拡大で改正法案-国交省(時事通信)
放浪記 5月5日からの公演中止、森光子さんの体調に配慮(毎日新聞)
障害福祉従事者、7000円増=報酬改定後の平均給与-厚労省(時事通信)
米子の2人強殺公判、遺族が厳しい処罰感情(読売新聞)

弁護側は有期刑求める=2人強殺事件が結審-裁判員評議開始・鳥取地裁(時事通信)

 鳥取県米子市で昨年2月、会計事務所社長石谷英夫さん=当時(82)=ら2人を殺害したとして、強盗殺人などの罪に問われた元部下の影山博司被告(55)の裁判員裁判は26日午後、鳥取地裁(小倉哲浩裁判長)で結審した。弁護側は最終弁論で「殺害は金目的ではなく、抑圧された人間関係から逃れるためだった」として、強盗殺人罪の成立を否定して有期懲役を求めた。
 裁判員と裁判官は結審後、非公開で判決を話し合う評議に入った。判決は3月2日午後。
 影山被告は最終意見陳述で「2人の無念さ、遺族への思いを死刑なら執行まで、それ以外の刑なら一生背負ってがんばりたい」と述べた。裁判員に「全国的に注目されプレッシャーが掛かり大変申し訳ない。話を聞いてくれ、ありがとうございました」と頭を下げた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
公判中の男2人に逮捕状=神戸の貴金属強盗
無期懲役を求刑=「追い詰められた」と死刑回避-2人強殺の裁判員裁判・鳥取地裁

ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
<鳩山首相>「規正法成立へ与野党協議を」 小沢氏に指示(毎日新聞)
沖縄本島で震度5以上観測、99年ぶり(読売新聞)
張が山下破り、棋聖位奪取=囲碁七大タイトル制覇(時事通信)
ポリェラ

<名誉棄損容疑>「不倫」写真でっち上げ 朝日大職員逮捕(毎日新聞)

 捏造(ねつぞう)した写真をインターネットの掲示板に掲載したとして、岐阜県警岐阜中署は1日、朝日大学(岐阜県瑞穂市)の事務職員、小坂井紳介容疑者(40)=岐阜市西中島=を名誉棄損の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は09年11月7日、自宅のパソコンからネット掲示板「2ちゃんねる」に同県大垣市の銀行支店長の男性(49)と同じ支店の女性行員(25)の写真を掲載し、「不倫現場激写」などと書き込み、名誉を棄損したとしている。調べに容疑を認めているという。

 同署によると、小坂井容疑者は2人を自宅に呼びつけて写真を撮影し、ホテルのロビーの画像と合成して掲載したという。同署は、小坂井容疑者の家族が同支店で契約した投資信託で損をしたことに腹を立てたのが動機とみて調べている。【三上剛輝】

【関連ニュース】
蟹工船:「ブラック会社に…」「フツーの仕事がしたい」 不況下で「労働」描いた映画が話題
勝間和代さん:広瀬香美さん、西原理恵子さん 爆笑豪華てい談の“全容”(2/5ページ)

花咲港で建物に浸水=北海道根室市(時事通信)
和歌山タウン情報アガサス
プルデンシャル元社員、起訴内容認める=インサイダー事件-東京地裁(時事通信)
介護職員処遇改善交付金の不正通報窓口を設置―大阪(医療介護CBニュース)
<北教組事件>書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか(毎日新聞)

福祉医療機構の存続を要望―四病協(医療介護CBニュース)

 四病院団体協議会(四病協)はこのほど、医療・介護施設に対する民間金融機関の融資が厳しくなっているとして、「医療・介護分野における専門的金融機関」の必要性を訴え、独立行政法人福祉医療機構の存続を求める要望書を長妻昭厚生労働相あてに提出した。

 四病協は要望書で、昨年3月に日本病院会などが民間病院を対象に行った調査で、市中銀行からの借り入れ状況について、47.7%が「新規の借り入れが難しくなっている」と回答したとするデータを提示。医療・介護施設に対する民間金融機関の融資が厳しくなっていると指摘し、「医療・介護施設の長期的な存続のためには、専門的判断能力を有し、かつ非市場経済下での融資が実行できる専門的金融機関が必要」として、福祉医療機構の存続を求めている。

 福祉医療機構の運営をめぐっては、行政刷新会議の事業仕分けで、「見直しを行う」と結論付けられ、「基金を全額国庫に返納」「管理費を削減」などとされている。


【関連記事】
医療分野への緊急保証制度の適用を要望―四病協
福祉医療機構の助成基金「全額国庫に返納」―事業仕分け
介護基盤整備などへの融資で優遇措置-福祉医療機構
民間病院の4分の1が昨年度赤字
景気対応緊急保証、医療・介護も対象に―直嶋経産相

葬祭便宜疑惑の大阪市 斎場職員が死亡 自殺か(産経新聞)
<島根女子大生遺棄>懸賞金指定前倒し 有力情報乏しく(毎日新聞)
鳩山首相、ハーグ条約「早く道筋を…」(産経新聞)
県外移設「非常に厳しい」=普天間移設で外相(時事通信)
北近畿豊岡道事故、車の会社員死亡 分離帯ない片側1車線(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。